home

●CG作業過程

現在トップページにて使用しているイラストの作業途中のスクリーンショットが残っていたので、簡単に作業過程をまとめてみました。
メイキング等と言えるような物ではありませんが、だいたいこんな感じで作業していますよ、という感じで見て頂ければと思います。
使用ソフトはPhotoshopですが、未だにあまり機能をよく解っていないので(…)全然生かせていません…。

1. 下描き

下描き
まずは落書き帖に描いたラフを参考に、アナログで下描きを始めます。
ご覧のとおりこの絵、下絵の段階では裸でした。
いっそこのまま仕上げてしまおうかと思ったのですが、健全な内容の本の表紙なので(笑)迷った挙句服を着せる事に。

2. ペン入れ

ペン入れ
下絵が納得行く状態になったらペンを入れます。
私の絵は、目や眉が髪の毛に透けないので、重なる部分は最終的には消してしまう為、しっかり描いても結局なくなってしまう部分も多いのですが、下絵では一応全部描きます。
因みに目の中とかも最終的には着色時に消してしまうので、本当はカラーにする時は描き込む必要ないんですが、やっぱり不安なので未だに全部描いてしまいます…。

3. 下塗り
下塗り
線画の色を調整してから着色。
最初にそれぞれのパーツを色ごとにレイヤーを分けて下塗り。レイヤーは線画のみ乗算(色が浮かないので)、他は通常で。
背景を緑にしているのは、仕上がりがこの色になる訳ではなくて、塗り残しが目立つように濃い色にしておくだけです。

4. 人物の着色
着色1
人物の影を塗ります。まず肌→髪→服の順で塗る事が多いです。
最初にざっと影をつけてからスポイトツールで中間色を拾ってちまちま塗っていきます。影レイヤーは親になるレイヤーの上に「レイヤーのグループ化」をしながら重ねます。
髪のみ、スポイトツールは使わず指先ツールを使って形を整えます。
…と書くと何だかあっさり出来てそうに見えますが、この段階でいつも死ぬ程時間が掛かって、そろそろ嫌になってくる頃です(笑)。

5. 花の着色
着色2
人物が終わったら花にも影をつけます。
塗る順番はどちらでもいいんですが、こういう場合昴さんの色はいつも同じ色を使っている事が多いので、大抵色が決まっていないものが後になります。

6. 仕上げ(完成品)
仕上げ
この辺りで時間に余裕がなくなった為に、途中のスクリーンショットを取っていなかったようで、いきなり完成ですいません…。
髪の2段目の影、顔のパーツ、花の塗り分け部分等細かい部分を塗っていきます。
背景の色を完成品の色に直し(この絵の場合白くしただけですが…)、グラデーションツールで画像の端を整えます。
最後に1番上にハイライト用のレイヤーを覆い焼きモードで開き、目や唇の光沢も含めた細かいハイライトを入れて完成です。


所要時間は恐ろしいので(笑)計測した事はありませんが、どんなに頑張っても1日や2日では仕上がりません。手間の掛かる絵だとそれこそ湯水のように時間が掛かります。
…多分もっと効率のいいやり方があるのだろうとは思うのですが、今のところはこんな感じでやっています。
余談ですが、私のCGを始める際に、いちばん影響を受けた…というか色々教えて貰ったのは、妹のかみやまねきからです。

home