GIRL FRIENDS + Days

日記・感想・更新記録など。
<< STRONG WORLD :: main :: 大変ご無沙汰しております >>

戦国BASARA FES.2010

日曜日はパシフィコ横浜で行われました、戦国BASARA FES.2010、昼の部の紅の陣、夜の部の蒼の陣両方に参加して参りました!

今回のイベント、MCで森田さんも仰ってましたが、凄く競争率が高かった(昼夜合わせておよそ10000人のキャパのところに先行だけで 40000の応募があったとの事)そうで…。
実は私、今回のチケットは自力で取れた訳ではありませんでした。私も先行に何度も応募しましたが、紅しか応募してないのに全部落選して、これはもう駄目かも…と思っていたところに、お友達がチケットをお譲り下さいまして…、しかも結果的に紅蒼両方参加させて頂ける事に。
今までも何度もサクラのチケットで助けて頂いているお友達なのですが、今回BASARAでもお世話になってしまい、本当にもうどうお礼を言っていいのかわからないくらいです。本当にありがとうございました!

今回、特に紅の方に、どうしても行きたかったのは、そちらにお館様こと武田信玄役の玄田哲章さんがいらっしゃると知ったからです。
他の皆さんも好きな役者さんばかりなので、だから見たいという気持ちは勿論あったのですが、玄田さんのような超ベテランの役者さんがこういった声優イベントにいらっしゃる事はあまりないので、これはもう行かなくては! と思いまして。
また、そうこうしているうちに追加出演者も発表され、TVアニメのBASARAで挿入歌を歌われた石川智晶さんも来ると! …何年も、See- Sawの頃からずっと大好きな智晶さん。実は私は好きになってから長いですけど、生で智晶さんの歌を聴いた事はなく、いつか1度は生で聴きたいとずっと思っていました。なので今回のイベントはもう、個人的には一石二鳥どころではなく何鳥も付いてくるようなイベントでした(笑)。
以下、イベントも終了しているので伏せずに書きますがネタバレ有りなので、DVD待ちの方などはご注意下さいませ。

そんな訳で、期待も高かったイベントだったんですが、実際のイベントはその予想を遙かに上回るサプライズ連続で…、ちょっとあまりに凄かったので、最初に見た紅の陣が終わった時には感激で半泣きでした。色んな意味でもう少し落ち着いた方がいいと自分で思いました(笑)。
イベントの内容としては、アニメの総集編というか名場面集の生アフレコと、智晶さんとEDテーマを歌っているDUSTZのライブ、役者さんたちのトーク(出演者の皆さんが新たに考えた迷?台詞のコーナー)と、小林プロデューサーを交えてのBASARA3の新情報、最後にアニメの2期の告知。
開演前の諸注意が、長政様とお市による新規のもので、これが凄く面白くて最初から笑いっぱなしでした。「携帯が鳴るのも、PHSが鳴るのも全て市のせい…」とかそんな感じで。マナーモードも無言即殺だそうです(笑)。「座席の上立つべからず」という注意のところが馬に仁王立ちして垂直に崖を登るお館様の画像だったり、あらゆる意味で面白かった…。

…と、ここまではほぼ告知されていた内容だったのですが、まさかのシークレットゲストにラスボス織田信長の若本規夫さん。パシフィコに若本さんの声が轟いた瞬間のどよめきは凄かった! そしてそれぞれ蒼にしか出ない筈の伊達政宗・中井和哉さんと片倉小十郎・森川智之さんは紅にも、真田幸村・保志総一朗さんが蒼にも登場。

だけでも驚いていたのに、全てのドラマが終わって拍手をしている時に、アニメのOPテーマ「JAP」のイントロのハンドクラップが。JAPはイベント冒頭にも流され、その時は生でダンサーによるあのOPの足軽ダンスが見られたのですが、何かちょっと様子が違う? …と思っているうちに舞台に後ろからバンドセットがせり出してきて、まさかと思っていたらそのまさかの西川貴教さん率いるabingdon boys schoolの生演奏でJAP。ここでもう私は悲鳴で叫んでしまったのでこの後声が出なくなりました(笑)。だけではなくて、JAPの後に「盛り上がってるからもう1曲」とBLADE CHORD。

…まさかこんな大物が来るなんて誰も思ってないですよ!

で、ちょっと思ったのですが、今回のチケット6800円でライブでもお芝居でもないのに何気に高いよなーと内心思っていたのですが(まぁ6800円はサクラで考えるとむしろ高くない方のチケットだよなとも後から思いましたが…慣れって恐ろしいですね)、サプライズゲスト込みで考えると全然高くありませんでした失礼しました。…と思いました。

そして夜の部はその後のアニメ2期の告知の後、最後に更なるサプライズがありました。2期の告知ムービーで、1期には出ていなかった豊臣秀吉と竹中半兵衛のいる新規の映像が流され、盛り上がっている中に更に流れる秀吉の台詞。えっ、と思っていたらまさかの秀吉役の置鮎龍太郎さん登場。…最後のこれだけの為に! まあ確かに1期のアニメ本編には出ていないからこれ以上出ようがないのかもしれないけど、それにしたって置鮎さんですよ。
…しかし置鮎さん、その後「どもー青二プロダクションの置鮎龍太郎です」(←超爽やか)みたいな感じで自己紹介されていて秀吉の台詞とギャップあり過ぎでどうしたらいいのか…、しかもイケメンである(笑)。

サプライズだけでもそんな感じで、もうどうしようという感じだったのですが、他のドラマのコーナーもトークのコーナーもとても楽しくて充実していました。超ベテランの玄田さん若本さんは勿論の事、他のキャストの皆さんもベテラン〜中堅の実力派の方揃いなので、ドラマの場面の迫力はもう半端ないです。
また、トークコーナーをはじめ全体的な司会進行を前田慶次の森田成一さんが担当されていたのですが、ラジオの時にも思いましたが森田さんの司会は本当に安定感あるし、気配り上手で盛り上げ上手なので、見ていて凄く安心感があるんですよね。しかもご本人がホントに前田くんみたいな好青年なので、個人的にラジオに続きイベントで森田さんの好感度大幅アップです。
そして私の大好きなお館様こと玄田さんですが、凄く外見と声のギャップがない方ですよね! そして思ったよりもずっとハイテンションでノリが良くて面白い方でした…、勝手にもっと厳しそうな方なのかと思っていました。そしてオヤジギャグならぬオヤカタギャグ(森田さん命名)を連発していて大変可愛くてときめきました…、個人的にお館様はおっさんだからこそ好きなのでオヤジギャグが嬉しいのでした(笑)。

他の皆さんもそれぞれ素晴らしくて書いているとキリがないのですが、中でも個人的にちょっとこれは凄い凄すぎてどうしようと思ったのが、明智光秀の速水奨さんです。
速水さんはもう、「こんばんは、速水奨です」って挨拶しただけでもその腰にくるような美声に会場から黄色い悲鳴が上がるような方な訳ですが、その美声であの光秀の台詞の数々を生でご披露な訳ですよ。特に今回はアニメの名場面を集めた構成だったので、…多分アニメをご覧になった方なら「アレか…!」と思うと思うのですが、あの最終回の光秀が小十郎に倒されるあのシーンですね、あの場面が生で聞けました(しかもアドリブ有りである)。
これ普通に18禁だろ!!
…と、思いました。多分そう思ったのは私だけではないと思う(笑)。
いやあもうあまりの破壊力で聴いてるこっちも身悶えてしまって椅子に真っ直ぐ座って聴けないんですよ!! ほんと凄かった…、そして速水さんはプロ中のプロだと思いました。本当にありがとうございました…成仏したくなった。

智晶さんの歌は、長政様がお市の前で撃たれるあのシーンの後にありました。私このシーン、アニメでも特に好きなシーンなんですよね…、悲しいシーンですけど、長政様がお市に言う「辛かったであろう」が凄く優しくて…、いい夫婦だなと思う場面なので。
そんなこんなで初めて生で聴いた智晶さんの歌声ですが、凄い声量で身体に沁み込むような歌声で…。いろはにほへとの挿入歌だった「涙」も好きですが、今回の「落涙」はタイトルこそ似ているけど歌としては全然違う、もっと力強い、これも凄くいい曲。森田さんが「心に沁みるような不思議な歌声」と言っていたけど智晶さんの歌声って本当にそうなんですよね。
私としては、智晶さんの歌声は癒しと母性の象徴なのです。それが悲しい歌でも、激しい歌でも、包み込まれて浸っていたくなるような歌声です。

また、3の新情報のコーナーで…、実は「新キャラ発表」くらいのレベルのものを期待してたせいか、新情報というほど目新しい情報は個人的にはないような気がしたんですけど(笑)。そこで本邦初公開の3のOPムービーが、T.M.Revolutionの新曲Naked armsと共に流されました。
これがもうすっごく綺麗ですっごく格好良くて鳥肌モノでした。特に個人的には孫市さんがもう格好良すぎて…! 仰向けになって銃を撃っているところとか、赤と黒の背景も相俟って色っぽいのに物凄くカッコイイ。
ただ、紅の時にはこれがOPムービーとは確か言ってなくて、蒼の時に初めてこれがOPなんだとわかったのですが…、それで逆にちょっと思ったのが登場キャラクターこれだけ…? という。このOPに登場してたのは、家康・三成の他には雑賀孫市・黒田官兵衛・鶴姫・大谷吉継(登場順もこれで合っているはず)と伊達・真田なのですが…、全員もう公式で登場が発表されてる武将なので。3の新規の武将これだけって事はまさかないと思うのですが…、OPにいなくても登場するキャラ…まだいるよね…?
ところで、Naked armsもカッコイイ曲で見た時物凄く盛り上がったのですが、何だかその後の本人登場で大騒ぎしてしまったので、ちょっと自分の中の記憶が薄くなってしまって何だか勿体無かったかもしれません。西川殿下、蒼の時は若本口調で喋ってたり(←似てる…)して面白かったし!

という訳で、とてもあった事全ては書き切れずもどかしい気持ちもしますが、今回本当に楽しいイベントでした。本当に楽しかったので、日常生活に戻るのが辛いくらい(笑)。
ただ欲を言うなら…、本当にもうこれは欲張りなのをわかってて言うのですが、やっぱりここに謙信様もいて下さったらもう本当に思い残す事はないくらい嬉しかったのになあ、と思ってしまったのは否めないんですよね。それは多分いないキャラクターのファンでこの会場に来てる人皆が思っている事だと思うのですが(特にいちばんそう思うのは佐助…子安さんのファンでしょう…)。
それは感じましたが、でも本当に楽しませて頂いたのも間違いない事実です。そしてアニメ2期が始まる7月と、3が発売になる夏が今からとても楽しみです!
- | - | Edit