GIRL FRIENDS + Days

日記・感想・更新記録など。

STRONG WORLD

前回の日記にも書きましたが、12月半ばから読んでいたONE PIECE、先日やっと最新56巻まで読み終えました。
いやもう何と言葉にすればいいのか、そんなこんなで読んでいなかった空島以降も 何故今まで読んでいなかったのか と自分に言いたくなった面白さで、本当にわくわくしつつ感動しつつ圧倒されながら読んでいましたが、56巻ではそう来たか! と思わず唸ってしまう展開で、本当に面白かったです。
個人的に55巻と56巻はボンちゃんの友情に泣かされました。いやもう某キャラの秘密とか他にも見どころ満載ではありますが、ここはとにかくボンちゃんだろう…! まさか自分がこんなにオカマで号泣する日が来るとは思いませんでした。

また、56巻での海侠のジンベエの活躍を見て、アニメでジンベエを演じていたのが郷里大輔さんと知り、改めてその訃報を悲しく残念に思いました。今アニメではイワさんが登場したくらいなので、どこまで収録されていたのか…。
私は歌謡ショウファイナルでは、それまで1度も見た事がなかった3人揃った薔薇組を1度でいいから見てみたくて、薔薇組の日を迷う事なく選択して観に行ったのですが、生の郷里さんを舞台の上で見たのはあれが最初で最後になってしまった事、本当に残念に思います。

話を戻しまして。
そんな海賊で大フィーバーしている時に、原作者製作総指揮の映画がやっていたら当然観に行きますよね。
という訳で、劇場版STORONG WORLDの方も観に行って来ました!
…しかも2回行きました。
いや1回目観に行った時、凄く面白くてこれは素晴らしいと思ったのですが、今回特にとにかく原作に忠実でよく動く丁寧な作画や、鮮やかで迫力のある背景美術など映像面が素晴らしくて、ちゃんとお話を最後まで知っている、落ち着いた状態でもう1度大画面でじっくり見てみたいと思ったので、終わる前にともう1回行きました。

因みに2回目に観に行った日は2月1日で、映画が1000円の日な上にたまたま私もお休みで、これは良いと堺さんのゴールデンスランバー(2時間半くらいある)を観た後にONE PIECEを観たのですが、何だか家族から普通あんまり映画2本もいっぺんに観ない的な感じに言われてちょっと心外でした…(笑)。だってこの日に見れば2本見ても2000円なんですよ…!
なので件の0巻(私の行った映画館では公式サイトでは「引換券対応」になっていたのですが普通に貰えた)も2冊あるのですが、1冊は原作全巻貸してくれたけど忙しくて映画は観に行けなかったまねきに進呈しました。

ところで、凄く個人的な意見ですが今回の目玉でもあるこの0巻、原作好きなら読んで損はないとは思いますが、映画を全く見ないのならばそこまで「持ってなきゃ駄目」ってものでもないかなーと思います。
が、逆に映画を見るならばこれは読んでおいた方がいいです。だから増刷してくれて本当に良かったと思います。個人的にはこれからDVDで発売する時にも付けて欲しいくらい(そこまでしちゃうと逆に持ってる人から文句出ちゃうのかな〜…)。
何故なら、劇中の描写だけだと、シキが何故今回こういう行動に出たのかという動機がはっきりわからないので、最終的に原作のキャラクターとどういう関わりを持ったどういう立ち位置のキャラかがちょっと不明瞭にならざるを得ないからです。
でもかっこいい麦わらの一味が見れればOK、とかだったら逆に気にしないで見られると思うので、それもアリだと思うのですが。

以下ネタバレのない範囲での感想。
私は今までワンピの劇場版は、デジモンの「ぼくらのウォーゲーム!!」と同時上映だった1作目は観ていないのですが(ウォーゲームの頃は、映画館まで行くほどデジモンに重症でハマっていなかったので後からDVDで観たので)、2作目のねじまき島以降はデジモンと同時上映の時は必ず観ていて、単独上映になってからも「デッドエンドの冒険」は観に行ってます。
その後、監督がそのウォーゲームの細田守さんだったのでオマツリ男爵は観に行って…、…オマツリ男爵が最後なのかな。なので、劇場版を観たのはだいぶ久し振りでした。

今回、お話じたいは凄く斬新とか思いも寄らぬストーリーとかではなく、勿論目新しい部分もあるんですけど基本は凄くオーソドックスな話だと思うのですが、それが逆に王道的な爽快感や感動になっているなあと思いました。

が、そこに原作者が加わりアイディアを出す事で、逆に原作者じゃない人ならキャラクターのイメージから外れるんじゃないかと躊躇うような思い切った変化を加える事が出来たのが今までの「アニメのONE PIECE」といちばん違う部分で、素晴らしいと思った部分です。
いちばん明快にわかる部分ではキャラクターの服装とかね! ロビンちゃんの服装とか特に、原作者じゃなければあそこまでイメージと違う服装には出来ないと思うんですよね、「こんなのこのキャラじゃない」ってなってしまうのは避けたいじゃないですか。
…まぁ何というか簡単に言うと、眼鏡+ポニテ+ゆるふわニットという格好をロビンちゃんにさせようなどというけしからん事を考えた尾田先生素晴らしいと言いたいのですが(笑)、いや本当にありがとうございます堪能しました!

あと今回特に大変素晴らしいと思ったのが色です。キャラクターの色。
これも私の感動のポイントだったのはやっぱロビンちゃんだったのですが(そればっかりか)、色が普段のアニメの色指定と違っていまして…。アニメのロビンちゃんの肌の色は何故か褐色なのですが今回色白美人で大変美しい。それ以外にも今回のヒロイン、ナミさんもみかん色の髪の色とか透明感があってすごーーーーく綺麗で感動しました。
因みにこの辺の感動ポイントはWebアニメスタイルさんで、今回色指定を担当された辻田邦夫さんのコラムが連載されていますので、そちらを読むと更なるこだわりポイントがわかって感動倍増です。

→ WEBアニメスタイル | 色彩設計おぼえがき[辻田邦夫]第115回もう2月だけど……新春番外編 劇場版ワンピース『STRONG WORLD ONE PIECE FILM』おぼえがき(後編その1) (現在の最新コラム)

見た目的な部分以外でも、細かい仕草や、戦闘シーンでは勿論、凄く動きが丁寧で格好良くて、今までアニメではそういう部分でちょっと勿体無いなー、と思ってた方ならこの感動はわかって頂けるかと思います。
ここから先は、そんなにネタバレはしてないつもりですが、一応ストーリーについて書きますので、大丈夫な方は「続きを読む」からどうぞ。
続きを読む>>
- | - | Edit

海賊王まとめ読み

そんなこんなで1月は何やらばたばたしているうちに高速で過ぎてしまい、あまりブログで書くチャンスが持てずにいるうちにもう2月も10日が過ぎようとしていますが…。

あちこちでぼそぼそ呟いていたり、巴里ライブで直接私から聞いた(というか聞かされた)人もいらっしゃるかと思うので、物凄く今更感が漂うのですが、実は12月下旬からほぼ1月いっぱいまで、ONE PIECEが自分の中で大フィーバーしてしまってどうしようかと困っている最中です。因みにそんな状況だったので、映画は1月下旬と2月の頭に計2回も観に行ってしまいました。

前にもどこかに書いた気がするのですが、私は元々コミックス1桁前半の頃から原作は読んでいて、アニメも1話目から見ていました。
が、空島終了くらいから、丁度その時、話のキリも良かった事もあって、原作を読まずに溜めてしまう事が多くなり、アニメも原作読んでない部分を先に見ちゃうのはちょっと…とあまり見なくなってしまいまして。
とはいえ、アニメは日曜の朝起きて家にさえいれば普通に朝ご飯とか食べてる時間と被る事も多いので、たまに見てはいたのですが…、だからサイボーグの船大工と骨の人(笑)が仲間になったのも知っていましたし、ビンクスの酒も聴いていました。

という昨年のある日曜の朝、たまたま起きた時間にTVが点いていて、何気なく見ていたアニメが衝撃の展開を迎えていまして…。
未だに何の予備知識もなくあの展開を見てしまった衝撃は覚えています。シャボンリー諸島でのバーソロミュー・くまとの戦いの部分でした。バラバラに飛ばされてしまう麦わらの海賊団。
…で、ちょっとあまりの衝撃にこれからどうなるの!? とその場でまねきからコミックスを借り、そこの続きの部分からまた読むようになってしまったので、結果的に空島の後からおよそコミックスでいくと20巻強の空白部分が出来てしまったままだったのでした…。

という状況下で、12月に出たコミックス最新刊を読もうとしたら、妹たちから「この巻で大変な事が起きるので、読んでない巻もちゃんと読んだ方がいい」とストップが入りました。
じゃあブルックが仲間になるスリラーバークからでも読もうかと思っていたら、下の妹に「でも姉ちゃん、ロビンちゃん好きなんだったらウォーターセブンから読んだ方がいいよ」とも言われ、結局読んでなかった空島終了(32巻)から最新刊(56巻)まで全部借りました。
で、ウォーターセブン〜エニエスロビー〜スリラーバークと通して読んだのですが、す…、凄く面白かったし感動した…。いや何度泣いて瞼を腫らしたかわかりません。本当に面白かった!

ところで、今更言っても仕方のない事なのですが、どうして私はこれを公平コンサートの前に読んでいなかったのだろうと!! いや読んでいない時点でも凄く楽しんだのは間違いないのですが、今のテンションであの時のコンサートを見ればあの時の10倍くらい(当社比)楽しめた気がするのに!!
…いやもう本当に勿体無いです…、色々事情はあるんでしょうけど、どうして公平コンサートはサクラのところしかDVDにしてくれないのでしょうか。ワンピのところまでDVDにしてくれるのなら○万円(←適当な数字を入れて下さい)くらい出したって良いと私は思っているのに!!
…いやまあ逆に今のこのやたらと高いテンションで観に行ったらもっと大変な事になっていた(?)かもしれないので、丁度良かったような気もしなくもないのですが…。でもねだからこそDVDをね!(略)

…というのがここ最近の出来事でした。実は今回、映画の感想を書こうとしたのに前置きが長くなってしまったので、そっちはまた今度。
因みに、すぐカップリング云々言い出すのは同人脳の良くない癖だとわかってはいるのですが、何かエニエスロビーの最後の方からスイッチが入ってしまって、実はひっそりフランキーとロビンちゃんのカップリングに萌えているのですがこれってどうなのでしょうか!
…しかし、自分としては「これはちょっとあんまり同志いないんじゃないかな」と思っていたのですが、探してみたら結構同志の方がいらっしゃる…! メジャーな漫画は有難いです。しかし自分でもONE PIECEでカップリング萌えする日が来るとは思ってなかったので不思議な気持ちです。しかも片方は年中無休で海パンの変態なのに(笑)。世の中どこで何に転ぶかわかりませんね。でもアニキかっこいいよね!
- | - | Edit

南極料理人

お友達から、yom yom9月号にまた十二国記の読み切りが載るという情報を聞き大喜びです! 9月27日発売。良かったです、次はまた7年後だったらどうしようかと思ってたので(笑)。

話は変わりまして、火曜日は南極料理人を観に行って来ました。
これはネタバレとかあんまりないような映画なのでそのまま書いてしまいましたが、まだ公開中ですしネタバレを絶対回避したいという方はお気をつけて。

凄く不思議な映画でした。でも面白かったです。
パンフレットの堺さんのインタビューに、「お芝居でいえば、観客200人位の小屋でやるワンシチュエーション・コメディ」とあったのですが、その例えが凄く納得行く感じ。
心理描写が殆どないと言っていいくらい淡々としてて、でもひとつひとつの描写や役者さんの演技が凄く丁寧で「わかる」感じと言うのか。普通の映画だったら盛り上がるような場面って、それを増強するような演技や演出や音楽を使ってドーンと盛り上げるじゃないですか、そういうところが殆どないんですよね。なのに笑える場所では笑えるし泣ける場所では泣ける。
でもそれが、南極っていう非日常での空間での日常、という映画の内容にとても合ってると思いました。

あとやっぱり見ているとお腹が空く映画でした。個人的に、凄く食べたい訳ではないけど1度は見てみたいのが伊勢海老のエビフライ(笑)、実際に食べたくなったのがおにぎりとラーメンでした。食べたい時にラーメンが食べられる日常に感謝したくなりました。
男性ばっかりの南極での生活、男子校っぽい雰囲気が良いです。
役者さんでは、堺さんは勿論ですが(減量してたジェネラルの時と違って雰囲気も含めて本当にふっくらしてた)、生瀬さんが素敵でした。あときたろうさん。「僕の体はラーメンで出来てるんだ」が(笑)。

派手にどっかんどっかん盛り上がる映画もそれはそれで好きなのですが、こういう穏やかで、でも面白くて心が温まるような映画も良いなあと思いました。おいしいご飯を食べると元気になるって、本当にその通りですよね。
- | - | Edit

スタジオパークに行ってみた

毘沙門天26日水曜日はKalafinaのライブ…の前に、せっかく渋谷に行くんだからという事で少し早めに家を出て、以前から1度行ってみたいと思っていたNHKスタジオパークに行ってみました。

因みにスタジオパークに行った目的は、大河ドラマの撮影風景を見たかったからです。
実は大河の撮影を見たいと思い始めたのは、言わなくてもわかりそうですが(笑)、昨年の篤姫の時に堺さんのファンの方が当時スタジオパークで大河の撮影を見たお話をブログに書いてらっしゃるのを見て、撮影風景見られるんだ! いいなあ!! と思ったのがきっかけです。

という訳で、…正直なところ本当に見たかったのは今年の大河の撮影ではなくて昨年の大河、しかも本音を隠さずに言うならば上様(笑)だったのですが、それを知った頃にはもう遅かったので。
プラス、今年の大河の撮影も、おそらくもうそろそろ終わってしまうんじゃないかと思ったので、これを逃すと多分見られないと思ったからです。昨年の篤姫のクランクアップが9月末、今年の天地人は年末に「坂の上の雲」があるので例年の大河ドラマより短いんですよね。それを考えると9月上旬には撮り切ってしまうのではないかと。

今年の大河は、…内容についてはまぁ…、言いたい事は色々色々あるんですけども(笑)、取り敢えず上杉がメインで登場する戦国時代の大河ドラマはこれをやってしまったら暫くはないだろう(再来年も戦国ですけど浅井三姉妹がメインなので上杉はそんなに出るとは思えない)と思ったので、じゃあ今のうちに一度見ておきたい、と思いました。
事前に調べてみると、大河ドラマの撮影をやってるのは106スタジオ、月曜日はリハーサルでスタジオは使用せず、実際撮影があるのは火曜日から金曜日、ただしロケが行われる時はスタジオでの撮影はなし、という事なので、行けば絶対見られるという訳ではないようなのですが…。
ただスタジオパークじたいの入場料が大人で200円と安いので、やってなければ館内見て廻るだけでもそんなに惜しい値段ではないし、取り敢えず行ってみましょうという事で。

この日の館内ですが、「スタジオパークからこんにちは」も選挙期間でお休み中、且つ夏休みも終わりの平日という事でとっても空いていました。
入り口から入ると順路があるので、その通りに進むのですが、大河の撮影スタジオはかなり奥になります。行ってみるとこの日は撮影がやっていました。

スタジオの見学窓はかなり高い位置で、そこからスタジオを見下ろす形で見学が出来るのですが、位置も遠いし、照明やセットの壁や梁が邪魔をするので、この日のような建物の中がメインの撮影だとかなり見難いです。死角も多いですし肉眼では正直あれ誰かなー、くらいしか見えません。
が、見学窓前には3方向からのカメラの映像を流してくれるモニタがあるので、そこではTV画面で見るのと遜色ない画面(実際3個あるうちの1個は放送用になるものと同じ画面のようです)で見られます。まあ、せっかく見に行ったのにモニタで見るんじゃ家で見るのと変わらんと言われればそうなのですが(笑)。
因みに音声は聞こえません。ここではなくスタジオウォッチングのコーナーにあるモニタでは、マイクを廻していれば音声も聞こえるらしいのですが、私が見ている時にはオフだったのか無音のままでした。

以下はドラマの今後のネタバレ、史実バレがありますので、(私のブログを読む方で大河のネタバレを気にされる方がいらっしゃるか微妙なところですが)詳しくは「続きを読む」に。
因みに↑の写真は、時代劇スタジオにあります撮影可能コーナーの毘沙門天像です。時代劇スタジオにはその年の大河関連のアレコレが飾ってありまして、この毘沙門天は撮影で使う時はここからスタジオに移動してしまうそうなのですが、この日はいらっしゃいました。他に愛の兜や、兼続・お船・余六の衣装も展示してありました。
続きを読む>>
- | - | Edit